希少な現行通貨を高く売るポイント

古銭は一般的には古い時代に流通していた通貨を指しますが、古物商の業界では一度でも使用された通貨も古銭の一種として扱われます。そのため、現行通貨であっても古銭としての価値があれば買取りの対象になります。現行通貨の古銭は発行枚数が極端に少ない年度の物や、エラーなどの珍品が高額で売買されています。特にエラー古銭は流通することは殆ど無いため、通貨の額面に関係無く高値が付くのが普通です。その一方でオリンピックなど特定のイベントに合わせて発行される記念通貨は枚数が多い他、当初からコレクションアイテムとして扱われることが前提なので古銭としての価値は低く査定される傾向があります。特に複数枚でセット組みされている記念通貨は一枚でも欠品になると価値が著しく下がるので、高く売るためにはすべての枚数を揃えておくことが大切です。古銭を高く売るためにはサビや汚れが無い、綺麗な状態を保つのが重要な条件になります。古銭は素手では触らず、水濡れや日焼けを避けて丁寧に扱うのが状態を損なわないための工夫です。